ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2020.09.24 Thursday

KURT COBAIN

カートコバーン。ニルヴァーナのボーカル。専門学校くらいのとき服装めっちゃ真似してました。地図のシャツとか着てたな〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

これも一応100枚くらいしか作ってないので無くなったら終わりです。

 

カートコバーンは草間弥生ステッカーが終わり次第投入されます。

 

2020.09.23 Wednesday

最近観た映画ドラマ

最近観たものシリーズ

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

もののけ姫

 

 

 

 

 

大体20年ぶりくらいに観にいったのですが、小学生だったのもあって内容がほとんど頭に残ってなくて、とりあえずにょろにょろのバケモンがグロい。みたいな断片的な印象しかなくて、大人になってから観るとだいぶ深い話でした。登場人物みんなかっこよくて痺れました。音楽も久石譲を大音量で聴けるのは映画館の特権ですね。また映画館でやってる機会あったらほかの作品も観たい。

 

 

CHEEF'S TABLE (NETFLIX)

 

 

 

これは映画じゃなくてオムニバスで1話毎に1人のシェフにフォーカスして撮ってるドキュメンタリーです。国籍もスタイルもそれぞれバラバラで、ミシュランで星を取るようなめちゃくちゃクオリティの高い料理を作っている、厨房でバチバチの人もいれば、星とか関係なく、自然から取れたものしか使わない尼さんの料理人が出てきたりします。

一生のうちに一回出てくる人の店に行ってみたい。

 

 

自分の一番好きなシェフの回はグラント・アケッツっていうアメリカ人のシェフで、この人はほとんどロバートの秋山がやってるクリエイターズ・ファイルを地でいってるような人で、「料理を皿にのせなきゃいけないなんて誰が言ったの?」みたいなテンションでお客さんのテーブルにソースを散らしてみたり、食べ物を空中に飛ばしちゃったりします。

 

 

 

 

めちゃめちゃかっこいい人です。ぜひ観てみてください。

 

 

アップロード (amazon prime)

 

 

 

これも映画じゃなくて配信系のドラマです。死ぬ前に脳を天国にアップロードすることで現実世界にいる人とその世界からコミュニケーションもとれて、仮想の世界で生きていけるみたいなSF系の話です。ブラックミラーとか世にも奇妙みたいな暗い未来っぽいSFの感じではなくてコメディ風なのと、一話毎が短めなので見やすいです。ただ、油断して完全にコメディと思ってみてるといきなりサスペンス要素がでてきたりするので新しい感覚でした。

 

 

 

 

何かおすすめあったら教えてください!

 

 

 

 

 

 

2020.09.04 Friday

HITOLOG #1 Terada Naomi 【Art bar Tokyo】




HITOLOG #1 

全編はmenosのInstagramから観れます。


https://www.instagram.com/menos_nidodemenos



Naomi Terada


アメリカロサンゼルス生まれ。高円寺に住んで4年。母親が日本人、お父さんがアメリカ人。自分のルーツを知るために日本に来た。


高円寺の様々な種類の個性的なお店が多い所、アーティスティックな雰囲気を気に入っています。


一番好きな所はクリエイティブな人が多くて周りのことを気にし過ぎず、オープンマインド、フレンドリーな人が多い所。


彼女が働くArtbar tokyo は堅い真面目なスタイルではなく、ワインを飲みながら絵を描くアートスタジオです。飲み放題です。


色んな絵の描き方、テクニックをインストラクターがフレンドリーに教えてくれるので、絵が苦手な人、描いたことがない人でも楽しめます。


ヘアスタイルは、彼女がスタイリングにあまり時間をかけたくないという事、絵を描いている時に自然と動きが出るように根本から大きめにパーマをかけました。


Artbar TOKYO @artbartokyo


HAIR . MOVIE

HIKARU HATTORI @zonamb …………………………………………………… .

.

Artbar でありのままのクリエイティブで大切なひと時を!

Take a Sip. Unwind. Let's Paint!

ゆっくり飲んで、くつろいで、描きましょう!

Paint and Sip とは

Artbar は、ニューヨークをはじめ全米で流行している絵画教室×ワインをコンセプトにした大人の充実したアクティビティイベント、Paint & Sip にインスパイアを受け2015年東京の代官山ではじまりました。


新しい代官山スタジオでは、フレンドリーな講師達とアットホームなリラックスした雰囲気の中で絵画セッションとワインなどがお楽しみ頂けます。


英語・日本語で、毎週新しいイベントやコラボレーションイベントを開催しています。


出来上がった作品は世界で1つの名画になります。どこに飾るか考えておいてくださいね!


Our modern studio in Daikanyama has everything you need to enjoy an instructor lead painting session complete with wine and snacks. Come relax with our friendly group of instructors in either English or Japanese, with new events and collaborations added weekly. All you need to think about is where you will hang your masterpiece.

2020.08.21 Friday

YAYOI KUSAMA

NEW STICKER

 

 

 

こんにちは。服部です。

 

 

自粛中に描いてた絵をステッカーにするシリーズなんだかんだもう5個目になりました。

 

赤い髪のおかっぱヘアーといえばこの人。集合体恐怖症(粒々が苦手なやつ)のくせにビビりながら昔展示行ったなあ。

 

 

 

 

※ジョーカー終わったら、やよいは投入されます。

 

 

 

 

#草間彌生 #yayoikusama #sticker #popart

 

 

800

2020.07.30 Thursday

NEW STICKER

ブルースリーが無くなったので新しいステッカーです。これもまた100枚で終わりです。


今回はホアキンの方を描いたんですけど、ヒースレジャーもホアキンフェニックスのジョーカーも両方とも好きです。


2020.06.25 Thursday

今月のステッカー Andy Warhol

こんにちは服部です。


自粛ステッカーシリーズ



ポップアートといえばこの人。


来てくれたお客さんにあげています。

アンディウォーホル。寝癖みたいな髪型ですが、彼の髪型はとても印象的です。

100枚なので無くなったら終わりです!



2020.05.17 Sunday

#HAIRISYOURSIGNATURE



自粛中にしこしこ作っていたステッカー。#HAIRISYOURSIGNATURE

これは一応意味をもってつくりました。来てくれたお客さんに配っています。


英語でカッコつけてますが、要するにコピー&ペーストじゃなくて、もっとその人っぽいスタイルを髪型で作ろうって事です。


MENOS4月の早い段階から約1ヶ月半休むという形を取っていて、オーナーに感謝しつつも正直めちゃくちゃビビりながらその期間を過ごしていました。こんなに休んで休み明けお客さん来てくれるかなあとか、落ち着かない毎日でした。


そういう状況でも再開まで待っててくれたお客さんとか、心配して連絡くれた人、前売りのチケットを買ってくれた人たくさんいて本当に感謝です。今普通に働けていることだけで本当に幸せです。


正直サービス業はコロナでしんどい状況ですが、逆に思うことはリモートできないってことはやっぱり人がやることに価値がある仕事って事です。



それをこの1ヶ月半ですごく感じたので、UFOの存在も認められた事だし、これからはAIとかロボットでできない、もっとより人間ぽい仕事をしていきたいです。

別に髪切らなくても寄ってもらえる感じが理想です。


これからもよろしくお願い致します🙏


服部



2020.04.06 Monday

自粛生活

こんにちは服部です。

 

まず、4月に予約頂いていたお客さん方、急な休業でキャンセルさせてもらった方、ご迷惑をおかけして申し訳ないです。

 

自分は正直な所こんな大事になるとは最初は思ってなくて、大袈裟でしょっていう気持ちで2月くらいは過ごしていました。が、海外の大変な様子だったり友達の話を聞く中で3月の中旬あたりからは実際働いてて良いのかな?とか、お客さんや家族のことを考えながら、何が正しいのか、迷いながら働いていた面もありました。

 

そんな中で早くにこのタイミングでの休業の判断をしてくれたオーナーにはとても感謝しています。経営者の立場から考えたら1ヶ月休業するなんてめちゃくちゃ怖いと思います。

 

なので、自分としては自粛期間をなるべく無駄にしないように、お店に還せるように考えて過ごしたいです。

 

 

 

中学生、高校生以来の1ヶ月以上の休みって事でこの9年間美容師しかやってきてないので、この際新しいスキルをインプットする機会にしたいです。

 

中途半端な英語をもう一度勉強しなおすのと、ipadを買ったので元々すすめてた海外の方向けのポスターをphotoshopで作りたいと思います。

 

これはまだ試作段階ですが、この期間にいろいろやってみようと思います。

 

作ったものは友達の店とか、知り合いのお店に置かせてもらおうと思ってます。

 

 

 

 

English Available とか書いちゃってますが、大して喋れません。笑

 

先に広告を作っちゃってから自分を追い込むスタイルです。

 

 

 

最初はいきなり1ヶ月休みになって徒歩に暮れましたが、考えだすと色々できることはたくさんあるなあとも思います。

 

ここから収束までどのくらいかかるかはわからないですが、今はインプットの期間と考えてプラスに過ごしたいです。

 

皆さんも体に気をつけてお過ごし下さい。また再開して会えるのを楽しみにしております。

 

 

服部

2019.12.16 Monday

夏休みinカリフォルニア

ここからも旅行中寄った場所、見つけた物を紹介します。

 

 

 

まずここはベニスビーチの近くのロバートダウニーJr.の家。目の前にはマリファナショップがありました。

 

さすがトニースターク。

 

 

 

 

 

ベニスビーチのスケートパーク。ここはプロのライダーも頻繁にくるみたいです。

 

 

 

大人達も滑ってない1番急なボウルをキッズが攻めていた。

 

 

 

 

これはたぶん鍵はかけてたけど、バラされたっぽい自転車のタイヤ。その手があったか、と感心すると同時に日本の治安の良さを感じました。

 

 

 

 

これは1番カルチャーショックだったやつ。Uber eatsの大麻版 Uber weedてきなやつです。色んな店先に置いてありました。さすが合法。

 

 

 

 

ロサンゼルスのダウンタウンにはART district っていうシャレオツエリアがあって、町のいたる壁にグラフィティとかアートがあるエリアがありました。

 

 

それはもうオサレなので、絵になるおっちゃんも当たり前のように居ます。

 

 

 

 

 

これはそのエリアにあったネオンサインのスタジオ。ワークショップもやってました。

 

 

 

この日は国民の休日かなんかで休みでした。やってみたかった〜

 

 

 

 

ここはグランドセントラルマーケット。これもダウンタウン。高円寺で言うところの大一市場をめちゃくちゃ広くしたかんじのところで、メキシカンとか中華、日本食とかご飯屋さんがたくさん。

 

 

 

 

 

 

 

 

これはカフェの店員さんの入れてたタトゥー。日本語が好きらしい。

 

 

 

 

 

 

そして今の日本の若者がよく使うワードも抑えてました。

 

尊い

 

 

意味を教えてあげたらめちゃくちゃ喜んでいました。日本人が横文字カッケーってなる感覚で漢字は人気あるみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

USAにはたくさんの発見があります。

 

2019.12.10 Tuesday

夏休みinカリフォルニア


1日目

 

成田空港

 

 

 

 

 

この写真の時は余裕をかましていたんですが、まず行きのフライトで乗客みんな悲鳴を上げるほど飛行機が落ちました。

 

飲み物全部飛んでってこぼれました。笑

 

僕はその後完全にビビり倒していたのでアドレナリン出まくりで10時間くらいのフライトあんま寝れず。

 

 

東京→ロサンゼルスの時差は17時間。到着したのは朝9時なので日本で言うと深夜の2時。

 

完全に真逆の時間なので、今までそんなに時差ボケ感じたことなかったんですが、飛行機で全然寝てなかったのもあってけっこうポンコツな感じになりました。

 

 

 

飛行機から見えたハリウッドシンボル。隣の仲良くなったおじさんが教えてくれました。

 

写真撮ったほうがいいぜ、メン!みたいな感じで言われたんで撮ったんですけど

 

 

正直小さくて何なのかわからなかった。笑

 

 

 

 

 

 

やっと到着。

 

時差を慣らすためその日から出かけました。

 

 

 

空港降りて最初に感じたのは行ったことないのになんか見たことある気がするという感覚でした。デジャブ。

 

 

ついに三十路前にして自分もスピリチュアルの世界の扉を開いたかと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やべえ

 

前世はLAで暮らしてたかも

 

そんな気すらしてきます

 

 

 

 

 

 

違いました。

 

 

 

グランドセフトオートでした。

 

でも、本当にまんまそのままでビックリしました。外国人で龍が如くとかやってる人も新宿で同じ現象になる気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初に行ったのはローズボール。

 

 

普段はアメフトのスタジアムらしいんですけど、月に1度スタジアムの周りを使ってめちゃくちゃデカいフリーマーケットが行われます。日本の古着屋さんとかも買い付けによく来るみたいで、日本人の方も多かったです。

 

 

バイヤーの人には争奪戦らしくて入る時間帯によってチケットの値段も変わるみたいです。

 

 

洋服だけじゃなくて、なんでもありました。家具、小物、スケボー、眼鏡、植物、自分で描いてる絵を売ってる人もいます。

 

 

 

 

 

 

 

 


フリーマーケットなので、割と交渉したら安くしてくれます。LA行く人には是非おすすめしたいです。食べ物とかもいっぱいある。

 

 

 

あとは行ってみたかった場所、AMOEBA MUSIC。ここも1日目に行きました。

半端じゃなくデカい。アメリカはどこ行っても広いしでかい。新譜から旧譜までレコードが大量にあります。

日本のシティポップは現地でも人気があるっぽくて、山下達郎とかもありました。レコード好きな人は余裕で一日潰せる感じでした。

 

店内もライブできるみたいで、ステージがあったりしました。

 

 

 

 

 

 

 

あと夕方に行ったのはグリフィス天文台。LALALANDにでてくる有名なとこです。

 

 

 

 

 

 

 

色がLALALAND。

 

LAの朝と夕方は空がめっちゃ綺麗でした。

 

 

 

 

 

 

ちょうど夕方行ったので、空のグラデーションが変わっていく感じが見れました。気持ちはライアンゴズリングでした。

 

 

 

 

 

 

ここが私のアナザースカイ

 

って言いたくなる芸能人の気持ちがちょっとわかってきます。

 

 

つづく

Powered by
30days Album