ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 最近のコト | main | HAIRSTUDIO MENOSアシスタント中途採用募集 >>
2015.03.04 Wednesday

休日の工作4

今までスケートのデッキ(小さく切りすぎてスピード出して肋骨負傷)、陶芸(GIFTbymenosの置物)、シャツのリメイク(途中ではっぴになる)、色々ノリでやってみては完成したものはほぼお蔵入りしている服部ですが、今回はシルクスクリーンでTシャツを作りました。
http://blog.menos.info/?cid=60580

シルクスクリーンといえばアンディウォーホル。アンディーウォーホル推しの僕は前々からやってみたかった。正直なんのこっちゃよくわかってなかった、シルクスクリーン。

まずモノクロの画像作ります。
おしゃれなやつが全くもって浮かんでこなかったので、とりあえずなんとなく勢いで相撲と白州次郎を選びました。
絵だけでも良かったんですが、なんだか胡散臭さが凄かったので文字で白州女郎さんの口癖をフォント選んで入れました。
プリンシプル。なんかさらにカルトっぽさが引き立ちました。まあ初めなのでこんなもんです。



そしてインクジェットで印刷、印刷した紙を渋谷のウエマツさんという画材屋さんにもってきます。
お客さんの情報によると他の店と比べてかなり良心的な値段で版を作ってくれるお店みたいです。
店員さんも親切で、値段も三つだしても3500円とかそのくらいでした。
http://www.shibuyamiyamasu.jp/uematsu/main.html



これが版。黒に塗りつぶされているとこだけ抜けるようになってます。発砲スチロールみたいな素材にシルクが張ってある感じです。大事に使えば100回以上刷れるみたいです。相撲のデザインにしたことをちょっと後悔しました。笑







いよいよTシャツをセットして絵の具を版にのせます。狙いを定めて、小心者の僕は絵の具をモリモリにします。イッシーさんとオオクマさんの一歳になるあおちゃんとワクくんへのプレゼント用なので失敗は許されません。(Tシャツ2枚しか買ってない)ビビリながら100均のゴムべらを握る僕の手は完全に震えていました。


ソイヤッ!








!!!!










意外とイケるやん、、、、

案外ちゃんとプリントされてて感動しました。






以上
自己満のTシャツをスタッフの子供に配るおじさんの趣味でした。

ハットリ
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album